So-net無料ブログ作成
検索選択

憧れの町承徳へ!⑤~金山嶺長城・弍 [北京生活]

古のロマンと腥い時代背景を抱えたまま、いまも尚聳える万里長城。
この石壁を見れば見る程、人間業ではあり得ない気がしてしまいます。
DSC_3957.jpg


秦始皇の気まぐれが生んだ人知の極み・・・
でも、この地面には、その時代に華北地区に住んでいた人々の、何世代にも及ぶ亡骸が埋まって居るんですよね。
DSC_3953.jpg


以前、八達嶺高速が出来る前には、「秦始皇歴史博物館」と言う所が、八達嶺長城の道の途中にありました。
そこでは、清の時代から漢へと作り続けられていた、長城製作時代絵巻が、蝋人形で展開されていました。
それは将に「地獄絵巻」でしたね・・・
それを見て以来、長城を「素晴らしい」とか「素敵」とか言う目では見られなくなってしまいました。

人民苛めの歴史の元祖としてしか見られません。


逆光に輝くその向こうでは、今も怨みに打ちひしがれた人たちが眠っている気がします。
DSC_3959.jpg


真新しい石板。
DSC_3961.jpg


その先には、全く違った朽ち果てた姿が。
DSC_3962.jpg


この真新しく不自然な材質の所を歩いてきました。
DSC_3964.jpg

すると・・・


DSC_3965.jpg
JTBによる修復寄与でした。
http://news.sina.com.cn/c/2007-04-12/151111626102s.shtml

2006年12月の雲南省バス転落事故で、本来、厳密に語れば被害者でもある筈のJTB、
事故の決着も付いていないそんな時期だったにもかかわらず、なんでこんな事するんでしょうね。
日中国交回復35周年記念で行ったそうですが、何故JTBが64万元も支払ってやらなけりゃならないの?
64万元って言えば、日本円でほぼ1億。その分、事故の被害者へ、迅速で正しい賠償をすべきでしょう[exclamation]

中国との商売上で考えりゃ、中国側の旅行社に全部委任していた非は充分あります。
本来なら、契約が有ってそれに基づいて行うのが当然ですけど、この国の人間が、お人好しの日本企業が
支払った、とてもおいしい金額分の仕事を、キッチリすると思っている方が間違いですから。


おっと、横道に逸れちゃって・・・

その先には、、、
DSC_3966.jpg
ここも朽ち果てた烽火台。
ヨーロッパなどの歴史遺産みたいにも見えます。
(イーハンさん、どことなくエジプト歴史学者の様な・・・(^灬^[たらーっ(汗)]


ここから先は、とても足場が悪そうですね。
DSC_3967.jpg


面白そうですが、身体がオーバーヒートしていましたし、戻る時間の事も考えて、この辺で戻る事にしました。
DSC_3969.jpg


写真で「足跡」を残し、我々はここを去る事にします。
DSC_3970.jpg


もう少し若かったら・・・もう少し時間的余裕があったら・・・
DSC_3971.jpg
向こうの司馬台長城まで行きたかったですね。

皆さんも、長城へは体力のあるウチに訪れられる事をお薦めします。
ここだけは、老後のスローライフをゆったり送っている時期では、リフトで上がれるので見る事は可能ですが、
自分の足で踏みしめる事は出来ない所ですから。


城壁状の向かい壁が見えている部分から、更に先へ2つめが、金山嶺長城最高峰の「望京楼」で、
その先からは「司馬台長城」です。



では、戻るとしましょう!
DSC_3972.jpg


司馬台長城部分を望遠で[カメラ]パチリ!
DSC_3974.jpg
200mm(光学計算では300mm)のレンズは便利です!


長城の両脇には、ご覧の様に、始終良い香りを漂わせてくれていた「薄紫の花」が。
DSC_3975.jpg
名前は知りませんが、本当にありがとう!


かすみの向こうに見えている池は水庫。
DSC_3976.jpg
方角は慕田峪方面です。


足の裏でしっかり何かを感じながら歩きます。
DSC_3977.jpg

DSC_3980.jpg


来る時に見た景色も、帰りに見ると新鮮に見えます。
DSC_3982.jpg
烽火台も、一度入った事を忘れてしまうほど。。。


真夏の空とは思えないほどの、秋空チックな雲の配置。
DSC_3983.jpg


薄紫の花がいっぱい咲いています(写真の解像度が良くなくて見えにくいかも…)
DSC_3985.jpg


さようなら、金山嶺長城!!
DSC_3989.jpg


ん??
折角の感情をぶちこわすバカ達。。。
DSC_3990.jpg
寝るんだったら、わざわざ上がってくるな!


こんな感じで写真に入ってしまう事もしばしば。
DSC_3991.jpg


爺ぃはこの辺りで、イーハンさんに付きまとっていた婆さんと大喧嘩!
なんと、「この死にかけのババアのくせして、サッサと死んでしまえ!」と言いながら服を鷲掴みにしたと
思ったら、肩を突き飛ばしてしまいました!!

理由は、唯一の中国人である爺ぃが、本をイーハンさんに売らずに居る事に腹を立て、
「彼(イーハンさん)に買う様に進めてくれない酷いヤツ!」って言ったそうです。
漢字2文字で言い放てる言葉でしたが、こまの中文ボキャでは判らないものでした。

まあ、爺ぃはそんな事約束もしていないし、買うか買わないかは本人次第。
でも、イーハンさんはこのババアから2冊買ったんですよね。その後だったので訳が判りませんでした。

他の若手が止めに入り、一番訳の判らないイーハンさんも懸命に止めていました。
聞くと、このばばあは一寸変人らしく、店仲間でも相手にしてないそうです。
ばばあは先に降りて行きましたが、なんか後口の悪い結果となりましたね。
でも、折角買って上げたのに(他の人からは何も買ってません)、なんで爺ぃにそんな事言ったんでしょうね。

でも、何はともあれ、みんな、店でおとなしく待っててよ[exclamation]

DSC_3993.jpg



色々な自然の香りともこれでおさらばです。
DSC_3995.jpg

DSC_3997.jpg


向こうの西面の金山嶺長城も・・・
DSC_3998.jpg


さっきまで自分の足で踏みしめていた金山嶺長城東面も・・・
DSC_3999.jpg


そして、鬱陶しかったむすめ達も・・・
DSC_4001.jpg
(なんで記念写真撮るの???)


みんなが色々な思いを抱きつつ、下山用のリフトに向かいます。
DSC_4006.jpg
(むすめ達は自分で降りて行きます)


DSC_4007.jpg


ゴンドラリフトに乗った頃、、、
DSC_4013.jpg
歩いて降りて行く彼女たちが見えました。

もしかして・・・下に到着したら又寄ってくるの???


丸い形の東烽燧。
DSC_4014.jpg


到着です。
DSC_4018.jpg
予感的中!
写真はないですが、しっかり待っていました・・・


何カ所かに分けて置かれている、金山嶺長城の石碑。
DSC_4020.jpg


駐車場までの通路からは、金山嶺長城西面の勇姿が見えていました。
望遠なので、やたらと近くに見えていますね。
DSC_4023.jpg


駐車場にも、また別の石碑がある事に気付きました!
DSC_4028.jpg


運転手は、影を選んでこんな看板の脇で「爆睡」しながら待っていました(到着時停車したのは写真の左奥)。
DSC_4034.jpg
車のあった所から撮影。


帰り道で、小型自動車がすれ違いザマ曲がりきれずに、道路から3,4m下の野っ原に落っこちているのに
遭遇しましたが(けが人が居て、救急車を待っていました)、我々は平安無事に帰路を走って戻ってきました。
(行きは1時間40分掛かりましたが、帰りは1時間20分でした)
DSC_4036.jpg
夕焼け空が、明日の天気を予報している感じです。
イーハンさんは、ホント晴れ男ですね~。



では、
オマケにこの日の食事風景をお届けします!
「憧れの町承徳へ!⑥~夕飯はしっかりと!」をお楽しみ下さい。

nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 9

yukitan

はじめまして。
万里長城は壮大ですね。
by yukitan (2008-08-03 16:32) 

こまちゃん

>yukitanさん。

はじめまして[おんぷ]
φ(・_・。 )にniceありがとうございます[えーっ]
とにもかくにも長城は凄すぎです[あわわ]
こう言った遠い長城は一日仕事ですから、人が余り来ません。
現場にいながら風の音に耳を傾けると、とても不思議な感覚に囚われます。
逆に北京の「八達嶺」に行ったら、人だらけで人間が川になって居る感じで、
このタイムスリップした様な感覚には出会えませんね[たらー]
by こまちゃん (2008-08-04 02:20) 

uta

ふ~[はぁっ]お疲れ様でした
なんだか最後がちょっと悲しかったけど[・・・]
絶対行くぞ~~[ぴかっ][ぴかっ]
お金貯めなくちゃ。。。
薄紫色の花 本で探して見ましたがなんだかわかりません
by uta (2008-08-04 12:14) 

こまちゃん

>utaさん。

万里の長城なら、こう言った田舎の方が値打ちがあります[えーっ]
でも、ハエの様にウロウロしている人間は邪魔ですけどね~[どくろ]
北京行きは、日本国内旅行より安いかも知れません。
往復飛行機だけでも5万で買えましたし、到着後、騙されない様にすれば、
結構経済的に済みますよ(15日間ならVISA不要)。
この1週間で、承徳の3人分と後半北京の2人分で15万弱でした。
(イーハンさんの航空代含まず。こまがガイドでフルアテンド[ぴかっ])

薄紫の花、こんな広大な屋外なのに、長城中が仄かな香りで充満していました。
この時期がこの花の全盛期のようですね[ぴかっ]
by こまちゃん (2008-08-04 14:06) 

のんたん

私は八達嶺の長城へ行きました。11月末で寒くて観光客が少なかったとはいえ、こんな写真のような雰囲気は全くなかったように記憶してます。壮大な歴史(良し悪しは別にして)と時間の流れを感じさせますね。行くならこっちですね!こりゃ、私も行きたいなあ!って思いました。
私もお金貯めます。(・・・いつ貯まることやら。こっちも壮大な計画です)
by のんたん (2008-08-05 00:58) 

こまちゃん

>のんたんさん。

あの壮大で原始的なパノラマスケールの景観を、是非ご体験下さい~[えーっ]
長城としては起伏が少なく結構緩やかなコースなので、朝出れば西面も制覇可能だと
感じました。逆に八達嶺の男坂、女坂の方ががしんどいと思います。
この後、「慕田峪長城」も行ったのですが、あれは体力限界を超えましたね…[あせっ]
お陰で日焼けしたし、今、腕の皮がむけ始めました・・・[がーん]

金山嶺長城のふもとにはホテルが3つ程有るので、泊まって夕陽や朝日も制覇されたら、
凄い思い出が1つ増えると思いました[ぴかっ]

こうなりゃいっそのこと、金山嶺長城ツアーでも組んじゃおうかな[はてな][わはっ]
by こまちゃん (2008-08-05 02:52) 

uta

金山嶺長城ツアー開催の節は
ぜひご一報を[にこっ]って何年か先にして下さいね

薄紫の花 「にんじんぼく」かな~[はてな]とも思うのですが
ちょっと葉っぱの形が違うような←まだ探求中[たらー]
by uta (2008-08-05 13:12) 

こまちゃん

>utaさん。

ありゃ~[あせっ]すんまそん!(古[あせっ])
匂いはジャスミンとベンジャミンを足した様な・・・(余計ワカラン[・・・][たらー])
程々で良いですよ~[はれ2]
八重芙蓉、来年はどっちが咲かせられるか競争ですね[わはっ][えーっ]
(芙蓉:タチアオイの事[はてな])
それ以前に、ウチにはそんな場所がないかも・・・[あせっ][あせっ][あせっ](この花、でっかいですからね~)
by こまちゃん (2008-08-05 13:55) 

さとうさだよし

承徳え行きましたが長城は八達嶺でしたこの次は行きたいな
姉は承徳弟は新京私は包頭生まれ3人でもう一度行きたいな

by さとうさだよし (2016-09-19 20:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。