So-net無料ブログ作成

季節外れの蟹と鮑狙いの旅行~網野夕日ヶ浦温泉・前編 [日本情緒]

DSC_2064.jpg
ご近所の旅行好き夫婦が、寄る年波から「2人でドライブ旅行が出来ない…」と悩んでいたそうです。
今年になって、家の修繕や車のメンテナンスなどでお付き合いが深まったこま。
彼らは申し訳なさそうに、「運転手って意味じゃないけど、私らを丹後に連れてってほしいの」との要望が来ました。
旦那さんの方がどうしても行きたいと言う事だったので、事情を酌んで出掛ける事にしました。

10年前頃から、脳血管の病気や心臓弁膜症や胆嚢などを毎年のように順番に患っては、手術や、酷いときは
入院を繰り返していた為、気がついたら、もう10年弱ほど泊まりでの旅行に出掛けて居なかったそうで、今年の
風呂で転倒して手を切っちゃったのを最後に、身体の調子が良くなってみると、今度は寄る年波から運転の方が
危なっかしくなり、親戚縁者から「出掛けたらアカン!!!」と大バッシング。
なので、息子さんが連れて行けたら良いのですが、彼は彼で、なんと去年から鹿児島に転勤になっちゃって、
2人で寂しく過ごす毎日。
気分転換になれば良いので、ここはヒマジンこまちゃんが一肌脱ぎましょう[かわいい]

ってことで、こまとしても久々の丹後半島方面。一緒に楽しんで着ましょう[exclamation]
こまの久々の国内編「バーチャル旅行記」を、先ずは初日編からどうぞ♪


当日朝10時出発時間。
あいにくの曇り空…[曇り]
DSC_1950.jpg
旅行を極めた時の長期予報ではハレだったのですが、一昨日から急変しちゃいまして…
ま、お天気の事情は仕方が無いので。。。


昨年末に開通した、京都縦貫道路の大山崎インターから、どばっとワープして、現時点で一旦終点の八木で降り、
和知までなンと1時間足らず!!!
八木と和知の間が途切れたままで長い時間経つのですが、そこが繋がるより先に、名神と繋がってくれました。
DSC_1952.jpg
和知の入口。
27号線沿いの、本当にただの脇道に見えます。

亀岡で、とんでもない大雨に出くわしましたが、過ぎたら曇り空のままでした。


綾部ジャンクション。
DSC_1956.jpg
出掛ける前に懸念していた場所でしたが、北上する場合は真っ直ぐでした。
京都縦貫道なので、脇に逸れる必要なく、判りやすくてよかったです。


途中、パーキングでトイレ休憩をして、京都縦貫道の終点まであと僅か。
DSC_1968.jpg


178号線に合流後、312号などを経てドンドン北上して行きます。
DSC_1976.jpg
京丹後警察が見えて来たら、その先のY字を府道17号に向かって進みます。


城下町を走る府道17号。
DSC_1978.jpg


昼食は、北近畿タンゴ鉄道の網野駅前にあった「まるみ食堂」で。
DSC_1979b.jpg


店内。
DSC_1980.jpg


こまは味噌ラーメン。
DSC_1982.jpg
おっちゃんはカレーうどん、おばちゃんは日替わり定食(親子丼にミニうどん)。


サイフォンでたててくれるようだったので、食後の珈琲(200円)もここで。
DSC_1986.jpg
普通でした。


ダッシュボードのトラ君は、おっちゃんとこまが寅年なので、急遽乗っけておいたのでした♪
DSC_1988.jpg
ここからは、府道17号が176号線に交叉して左折して、176号線を真っ直ぐ行けば、、、


176号線がL字になった所で浜へ向かって行くだけでホテルに到着です。
DSC_1995.jpg
高速道路の開通のお陰で、これまでの7掛けの時間で来られたので、チェックインの3時よりも1時間も早く到着。


今回お世話になる「一望館」。
DSC_1992.jpg
ご夫婦は10年前に訪れているそうですが、全く別物になっていたようです。


こまたちは、楽天トラベルなどのネットよりも安い「ゆこゆこ」の申し込みで、
「カニ,牛,鯛,鮑の踊り焼き・海岸の見える部屋」を割り増し指定したのですが、
これ→http://www.yukoyuko.net/2668/plan/0115/?link=true
到着してみると、案内されたのは、鮑なしの9800円のものでした。
DSC_1997b.jpg
その時出された「お品書き」を見ながら話しを進めて行くと、鮑を足しても、そのお品書きは変わらなかったです。
と言う事は、鮑の踊り役が付くだけで、4000円も高くなるって事ですね。
結果的には、シーズン外れと言う事なのか、トコブシに毛が生えたような大きさの鮑だったので、ゆこゆことの
連絡不手際で、その辺りの隠しネタが露見した感じ。
・・・でも、それがなければ結構纏まってたので良かったのかも。
マイナスを言い始めると切りがありませんからね。
でも、ゆこゆこには、連絡不行き届きでクレームを入れておきたいと思います。

おっちゃんも、漸く出発に漕ぎ着けた旅行だったことも有りかなりご立腹でしたが、
なンとかなだめて出掛ける事にしました。


時間が早くてチェックインできないので、荷物をフロントに預けて久美浜辺りに繰り出すことにしました。
DSC_1998.jpg


ホテル前の海岸。
遠浅の、海水浴にもってこいの海ですね。
DSC_2001.jpg
ホテルを出ると同時に雨が降り出したので、海岸散歩はパスしました。
浜辺に佇む自販機が、なンとも情緒を削ぎます。
飲み物くらい、自分で準備してでかけろよ!って気がします。
何でもかんでも便利便利じゃ、人間がバカになって仕舞う。


北近畿タンゴ鉄道目撃[バス]
DSC_2004.jpg
芋虫電車や~ん!
その後、茶色いロマンスカーみたいな格好のも目撃。
第三セクターですが、見応え有る車両設定に驚きました。


久美浜の湾沿いに走ろうと思って細い道に進入すると、真正面に大きなホテルのような建物を発見!
今後の為に・・・と、何者かを確かめようと接近してみると・・・
DSC_2009.jpg
なんと、こんなに立派なのに廃墟ビルではありませんか!
1階のドアのガラスはバリバリに割れていましたし、他にもわれているところが沢山見えます。
バブル期に建てたマンションが、タイミング悪く完成間際に投げ出さざるを得なくなったのでしょう。
勿体ない。でも、地元では迷惑な粗大ゴミでしょうね・・・


海岸近くのかぶと公園で車を止めて、ちょっとウロウロしようと思ったのですが、雨が酷くなってきたので断念。
車で久見浜湾を一周し、、、
DSC_2010.jpg
久美浜湾を一周して・・・


ホテルに戻ってチェックインしました。
DSC_2017.jpg
ここは北館の特別室だそうです。
そんなの頼んだつもり無いけど、「海の見える部屋」を指定すると、ココになっちゃうみたいですね。
一般室で予約した場合でも、運が良ければこの部屋の3つ隣にある海側のワンルーム部屋に泊まれちゃいます。
まあ、値段が200円程の差ですので、この特別室はお買い得かも。

久美浜を走っているときからもうどしゃ降りで、ロビーのある南館から部屋の北館へ行く時も、屋根が無いので
雨に降られて大変でした。


奥の間。
DSC_2019.jpg
テラスのソファに腰掛ければ、海の囁きを聞きながらのんびり出来ます。


仲居さんのお姉様から一通り説明を受けた後、外がどしゃ降りで手持ち無沙汰なこまたちは、
食事を5時半にお願いして、温泉に行く事にしました。
DSC_2054b.jpg
今日のメンバーで記念写真をば。


温泉は、毎日男女が入れ替わるそうです。
今日は男子風呂が大きい方のでした。
室内浴場をパチリ!
DSC_2055.jpg
レンズが曇っちゃいました。


奥にドアの向こうにある半露天の展望石風呂。
DSC_2064.jpg
自然の風が心地よいので、天井はあるけど露天風呂の醍醐味は味わえます。
明日朝は、もう一報のお風呂で露天岩風呂を楽しめるそうです。


我が侭言って親戚縁者を困らせながらも、なんとか旅行に漕ぎ着けることが出来たおっちゃんと、貸し切り状態の
お風呂でゆっくりのんびりして居たら、食事まで1時間半も会った時間の余裕が、あらら、5分前になっちゃいました。
慌てる必要も無いのですが、今度は、そのおっちゃんが楽しみにして居る「カニ」と「鮑」が気になって仕方が無いので、
ちゃっちゃと部屋へ戻ってきました。
DSC_2070b.jpg


まずは待望の蟹さんからご紹介。
DSC_2071.jpg
ただ、夏の終わりの現在はシーズン前なので、こんなもんでも充分なんでしょうね。
おっちゃん、ちょっと不満顔でした。


炊き合わせ。
DSC_2072.jpg
これ、見た目に似合わずバリウマでした~[るんるん]


何故か「牛」。
チョイスの時も、回戦が得意な日本海旅館なのに、どうして牛、牛と薦めるのか意味が判りませんでした。
DSC_2073.jpg
でも、焼きカヤを自分で調整できるし、良く焼いても最高に柔らかいお肉でした。
こまはレアが好きなのでそうしましたが、それも中々の美味~~[るんるん]


さて、おっちゃん待望その2の「あわび」。
DSC_2075.jpg
生きているこの状態を見て、和歌山で散々鮑を食べていたこまは、直ぐに結果が想像できました。
しかも、ここで食べ方の問題発生!
火に掛ける時になンの調味料も足さないので、鮑の身が水くさくて・・・
刺身醤油のたまりは、「板長特製」とかで濃すぎるし、刺身用と言う事で、ツーがよく食べる食べ方の「塩(しかも
自家製塩)」も出されましたが、高齢者の多くなっている今の世の中、薄味の調味料でも食べられるようにしないのは、
完全に自己満足としか思えませんでした。しかもこの「自家製塩」のしょっぱいこと[exclamation×2][exclamation×2]


おっちゃん、折角の「2大おたのしみ」が空振りに終わって残念そうでしたが、
旅行に来られたことには手放しで喜んでいましたね。
DSC_2076.jpg


お刺身も、何故かこ~んな感じの舟盛り。
DSC_2080.jpg
いくら懐石にしているとは言え(舟盛りで全員分を盛ってない)、イカもサーモンも無いのは不思議でしたし、
サザエは2切れしかなかったので、一つを分けたの丸わかり。それが証拠に、肝心要の旨い臓物が無く、
奥にはワカメが詰め込んでありました・・・
料理、このホテルよりも、直ぐ近くにある大きなホテルの「海舟」の方が良いでしょうね・・・


茶碗蒸しは地味だったです。
DSC_2081.jpg
銀杏も百合根も入ってないし・・・(;灬;


鯛シャブ鍋。
DSC_2084.jpg
ここでも問題発覚。
なんと、しゃぶしゃぶした鯛の身は、ポン酢も何もナシでそのまま賞味するそうですが、やはり味無し。
このホテルの料理人は、なんで食べ方まで指定するんでしょうね。


これと平行して出て来た天ぷらでも、またまた問題発生。
天つゆが無い!幾ら関西と言えど、「料亭並みの食事でソースかい!!」とツッコミながら尋ねましたら、
「こちらも自家製塩でご賞味下さい」との返事。
DSC_2088.jpg
だから、高齢者は塩分禁止!の人が多いんだし、天ぷらに天つゆって、普通定番でしょ?
押し問答して居るウチに天ぷらは冷め切ってしまうし、調理場で天つゆを作って貰いましたが、薄口醤油の変形
みたいで、なんか気分が萎えてしまいました。お陰で写真を撮るのも忘れて仕舞って・・・(≧灬≦


赤だし登場[exclamation]
DSC_2094.jpg
この上まだ「塩分摂れ!」ってか?


最後のデザート。
かなり甘かったので、酒飲みご夫婦はご機嫌斜めに輪を掛けてしまったようです・・・
DSC_2095.jpg
結果、お料理の品数は13種でしたが、半分は文句の付け所有りでした。

気を取り直して、ビールとウイスキーと焼酎で酒盛り。
その後、少し醒めたところで再度温泉へ。


その前に、外でホテルの夜景撮影をば。

海の見える通路を挟んで、南北両館をパチリ!
DSC_2097.jpg
おっちゃんが心臓病で大手術をして居るので、身障者カードを載せているこまのスティングレーは、ホテル脇の
駐車場を使えました♪結果的に7組のお客さんが泊まっていましたが、他の人達は、この通路の後ろの方に有る
別の駐車場を使って居ます。


北館通路の様子。DSC_2105.jpg


南館玄関正面の広角図。
DSC_2111.jpg
パンフレットやHPのホテル画像はこの場所のアップです。


南館口から北館全体図。
DSC_2113.jpg
ハードとロケーションは最高なのですが・・・(´灬`


この後、しっかり温泉に浸かって、部屋でみんなで寛ぎました。
家族向けの民宿のようなホテルなので、カラオケスナックが入ってないのが残念でしたが・・・[ふらふら]


明日は帰路編ですが、その様子は次のブログで~[かわいい]


もっと沢山の画像はこちらで↓↓
DSC_2076.jpg
http://4travel.jp/travelogue/10926475
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。