So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新世界商場で将に新世界!? [北京生活]

寒い!屋外なので兎に角寒いです。
感じる空気や風、漂う冷たい感覚が、将にスキー場そのものです。
でも、スキー場なら滑って来れば身体も温まりますが、
簡易テントの中でジッと座っているだけなので、冗談抜きに寒いです。(>ω<;
 
こんなの経験したことがありません。
将に『新世界』、場所の名称と同じで、とても言い得て妙なり!

 
でも、写真で見ると、朝からこんなにポカポカした感じ。

今日は、いつものD100で、昨日と同じような景色を撮影してみます。 
 
 
お向かいさん「勁松嘉園」。

昨日、カシオのEX-V7で撮ってみたら、全景が入りませんでした
(なので昨日は歩道橋の麓からの画像にしました)。
 
 
東側。

室内暖気用の蒸気があちらこちらに立ち上っています。
 
 
天玉大厦。

こちらも余裕で納まりますね。

さて、爺ぃは先に新世界へ、こまは百工坊へ立ち寄り、
額などの材料を取ってきてから現場へ向かいます。
 
 
 
昨日判った八路バスのルート。試しに行きでも使ってみます。

このバス停は、光明楼まで戻るよりも近い、幸福路を入って直ぐの
天壇飯店東側にあります。
 
 

広渠門内大街と崇文門外大街交差点北手にあるバス停、磁器口北で降りて歩きます。
両手に大きな荷物満載で、歩くのが辛かったです(><;
同仁堂やSoshow前を通過し、エスカレータのある地下道で現場へ向かいますが、
入る前に対面から新世界百貨店をパチリ!

 
 

夕方。今日は土曜日なので人出は結構ありますね。

暗くなったモールの様子を、D100で記録してきます。
 
 
昨日と同じ角度で。

でも広角なので、張学友も入りました!(腕時計の広告)
 
 
この角度も。

やはりデジイチの方が、画像がズシっと来ますね~。
小型カメラでは出せない質量感。

600万画素でこれですから、2110万画素でフルサイズCMOSのEOS1Ds-MarkⅢだと、
どんな感じになるんでしょうねぇ~?(え?比較が極端すぎるって…(^^;ゞ)
 
 
新世界商場と、その前の広場。

昨年暮れにクリスマスツリーがあった所ですね。
 
 

百貨店ビルサイドのビジネスビルA棟。

A棟とB棟の間に百貨店があります。
(扉画像参照)
ビジネス棟への各入り口は、それぞれ横手に当たります。
 
 
新世界百貨大楼の夜景。

 
 
イベントブースの端から見た新世界商場前広場。

今日は大晦日(6日)までの唯一の土曜日。
一番人が出回ったようです。
大晦日は、あまり人はウロウロしないでしょうから。
 
 
 
 
お陰で人が多くて途切れなかったので、結局10時過ぎまでやっていました。
6時半以降は忙しく、写真も撮れずに急に食事シーンまで飛んじゃいました。^^;

遅めの夕飯で、広渠門側まで歩いて吉野家へ。
すると、営業時間は「夜9時半」まで!?
香港の吉野家、25時まで開いてるのに…

仕方がないので、歩いて元の所まで戻り、角の真功夫で。ここは12時までOKです。

中はこんな感じです。
 
 
店内には、「功夫不負有心人」と書かれた李小龍の大きな看板が。

「武術は心ある人間を困らせたりはしない」とでも訳すのでしょうか。
ここの食事は結構いけるのですが、セットメニューが20元オーバーなのが、
老百姓には痛い価格です。
最高でも12元位でなければ、「一般老百姓不受歓迎」です(^^;

イベント期間中は、仕方がないと諦めております。

 
今日も-8~0℃と、相変わらずの冷蔵庫よりも寒い気温でした。

 
 
大きい画像に詳細説明ブログはこちらへ!
http://4travel.jp/traveler/chinaart/album/10218305/


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

Canadian cialis

沒有醫生的處方
cialis dosage amounts http://cialisyoues.com/ Cialis daily
by Canadian cialis (2018-04-14 02:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。