So-net無料ブログ作成

北京中央電視台新社屋(北楼)大火災!! [大陸情況]

バカと思っていた行為が、とうとう大変な事態を引き起こしました。
01.jpg
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4c6816030100bzb0.html

昨日は元宵節だったので、またバカみたいに花火や爆竹を鳴らす事は、当然のように行われていたと思います。

その火が原因で(まだ仮説でもほぼ確実でしょう)、京広橋北東にあるCCTV新社屋敷地内の北ビルが大火災[むかっ(怒り)][どんっ(衝撃)]
(もう殆ど出来ていたのに・・・[あせあせ(飛び散る汗)]


それでなくても、いつもけが人や火災が出ているのに・・・・・

この風情は、「危険なだけで一利無し、中国がこれから前に進むには無用の長物」として判断した方が良い。

なんでもかんでも、「中国らしいから良い」とは言ってられませんね。

中国に於ける 負の習慣性 を見た先進国陣が、この「中国らしさ」を全てに当てはめる傾向にありますが、

こまから言わせると、それは甚だ無責任で偽善でしかありません。

世論が「悪い」と言い続けなければ、このおおらかな国の民には通用しないでしょうから。




火災の発生は、9日現地時間の夜9時15分。

この辺りには、建設中のビルが連立する国際経済開発区。
02.jpg
(画像は東方向から。伏せた形のビルがCCTV新社屋主翼ビルで、その向こうの背高シルエットが第3国貿ビル)


燃えさかる炎に包まれるこのビルは、メインの奇形ビルではなく、同じ局敷地内にある「北ビル(北配楼)」。
03.jpg

この中には、今年オープン予定だった「東方文華酒店」が有ったそうです。

こんな大火災でありながら、死者が居なかった事が唯一の救いです。(消防員6人と、CCTV職員1人が軽傷)




自分の家を一歩出たらもうゴミ箱」としか思って居ない中国人の体質は、今でもあまり改善されてませんから、

建設現場などの「ゴミ」などは、自ずと予想できるものです。

こう言った時期に、「今日は花火が飛んでくるから、可燃物は片付けておけよ!」なって言う人も居ないでしょうし、

自ら進んで行う人などはまず皆無でしょう。居たらこんな事態になるはずがないですし。




もう、呆れてものが言えないですが、火災は、これ又「これでもか!」と言わんばかりに炎上していましたね。
04.jpg
倒れそうなのではなく、この北楼もちょっといびつで傾いたデザインのビル。見る方向により特に傾きが判る。

昔の海外映画、タワーリングインフェルノのような光景が現実に起こったので、唖然とさせられてしまいました。

この炎上だったら、ウチのアパートからなら真正面に見えたはずですね~。自分でも写真が撮れたでしょうね。



周辺は大パニックになっていたようです。
05.jpg


この参考画像はこちらから ↓↓
http://qzone.qq.com/blog/622001472-1234202610
「中国どうした~!?2008年はどうした!過去の遺物か?・・・」などと言って憤慨している現地の方の博客。



これが教訓となり、改善されて行けばいいのですが。

「火を見るよりも明らか」と言いますが、こちらの方は、「火を見ないと判らない」のでしょう。

いや、この後の情況では、「火を見ても尚判らない」のかも知れません。



胡同の廃止や老百姓の生活を脅かすような政策は見直すべきで、本来なら、先にこの「無駄遣い」が伴う

習慣を改善した方が、胡同破壊よりも納得するのではないでしょうか・・・



しかも、今年の春節前後(1/25-1/26)では、既に警鐘を鳴らしていた感じで一日818件もの火災通報が

あったそうですが、それでもまだ判らない変な国。

http://news.sina.com.cn/c/2004-01-27/03571654627s.shtml


中国人のメンタル部分のモラルは、世代が若返るに伴ってドンドン悪くなっているから、

一般公共道徳が上がって来ているので、それがとても残念です。もうそろそろ政策を打つべきでしょう。




人民達自身の悪い面も否めませんし、漸く考える時期が来たと言う事でしょう。

政府が考えを改め、「これまでのような無意味な開発を止めるから、爆竹無しよ!」

って言えば済む事じゃないでしょうか[exclamation&question]




国が発展する上で、本当に犠牲にすべきものは何かを早く判って貰いたいです。


振った頭が止まらないくらい呆れました。。。[ふらふら]



   * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【 一夜明けた追加情報 】

死者が出ていました。
消火に当たっていた消防士が1名亡くなられたそうです。

しかも、原因として濃厚な情報で、「建設現場の敷地内から、200m以上も上がる位の巨大花火が、
何発も立て続けに揚げられていた」そうです。
本来、大型花火は水辺であげるのが常識なのに、一般火気は厳禁とされているはずの建設現場で、
その様な事をする輩が居る事自体非常識極まりなし。考えるべき事態でしょうね。

「時期が来た」と言う事でしょう。
過剰すぎる近代化開発はもう良いので、自国民たちが物事の基本をここまで押さえられない以上、
先ずはこんな危険な習慣を捨てる事を選ぶべきです。


まぁ、住んでいるこま達は、夜中のビル工事も花火もなくなれば、その方が静かで助かりますけどね~[るんるん]

nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 8

uta

たいへん!たいへん!と駆け込んだら
すでに記事にされてますね~さすが
これってよくブログで話題になってた
例の変わった形のビルですよね・・・
ぅぅぅビルって燃えるものなの??
by uta (2009-02-10 07:55) 

ナツパパ

ホントビックリしました。
わざと、じゃないと思うのですが、それにしても...
とてもnice、を押せません。ご了承下さい。
by ナツパパ (2009-02-10 09:08) 

imai

朝のニュースで見ました、ここまで良く燃える建物は何で出来てるのと言いたくなりますね、毎年この時期にド派手な事を危険過ぎると、私たちは思うのですが、過去からのしきたりなのかやり過ぎの方向は何処かで改めて行かないとダメでしょうね![どくろ][どくろ][どくろ]
by imai (2009-02-10 14:28) 

むりー

CCTV自身が手配して花火で・・・・・・
なんか漫才みたいな展開です。
by むりー (2009-02-10 18:39) 

こまちゃん

>utaさん。

はは、、、こう言う情報に関しては、アップが早いんです・・・[あせっ]
どうせ、できあがるまでの建物の中ってあの状態でしょうから(「あの」って言われても
どんなのか判らないですよね[きょと])、何かに引火したが最後、連鎖的に燃えてしまう
のでしょう。でも、最上階辺りで爆発していたものは、こまは「花火」だと思います。
丸いお花が咲いていましたから・・・[たらー]
by こまちゃん (2009-02-11 03:10) 

こまちゃん

>ナツパパさん。

結果が出たら、ナンとも驚きの内容で、案外「わざと」みたいなものでしたね~[たらー]
自分で自分の新企画ビルを燃やすという、大それた結果でしたから。。。
政府が制止するのも聞かないで花火をあげたそうですが、そんなの考えたら判りそうな
危険な行為なのに、ホンマに大人のすることではありませんでしたね。。。[はぁっ][たらー]
アレを壊してまた作るとしたら、2桁億円の損害だと思います。儲かってるんですね[・・・]
by こまちゃん (2009-02-11 03:14) 

こまちゃん

>imaiさん。

昔からの慣わしは、本来守って行くべき事なのでしょうけど、彼らの「現状」を見ている
こまとしては、臨時的にでも無くするべきだと思うのです。(お仕置き期間[むむっ])
あのバカ騒ぎがエスカレートし、しかも、本来正義を伝えるべきメディアが、注意され
ながらも強行した結果なのですから、ホンマに何をかイワン・・・ですからね[はぁっ]
燃える理由も判りますが(資材置き放題ですから)、こう言った事一つ一つの小問題が
多すぎます。リニアもオリンピックも有人ロケットも要らないから、それこそ中国らしい
自国の文化の発展を目指して突き進めば、他国も援助しやすく友好的な関係が生まれ
てくると思うのですが。。。世界遺産級の自然区や古跡類が多い国ですからね[ぴかっ]
by こまちゃん (2009-02-11 03:24) 

こまちゃん

>むりーさん。

夕方のニュースで纏めたのを見ました。中央電視、なんてお馬鹿なんでしょう。
200mも上がる花火って、一般では売ってませんし、許可地区での販売種にも当然
存在しません。従って「花火をあげてはいけない」と言うのだけではなく、違反行為の
オンパレードで、公安からの制裁は免れません。その代償としての大火災は、ちょっと
割に合わなかったですけどね。
春節前後の夜間、正月初五(大年初五)の夜間、そして元宵節の夜間と、それぞれ
1時間ずつ許可されるのですが、ケジメが無く自分勝手な新生漢民族ですから、
こんな事になるんですよね。自覚を持った健全な取り組みをさせて行かないと(無理[はてな])、
まだまだ先は長いとしか言えません。少数民族からの陰口が聞こえてくるようです。
by こまちゃん (2009-02-11 03:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。