So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

お車綺麗にしましょ♪ [日常]

今、ご近所さんのお車を修理中です。(ミラクラシックターボ・フルタイム4WD/E-L510S)
元々は所有者さんが、リアハッチを開けている事をうっかり忘れ、そのまま車庫から出そうとしてしまった所、リアハッチの
右角を内側に曲げてしまったそうで、それをその人のご近所さんが簡易修理してくれていたのですが、そこにモールを貼る事で
結構見栄えが良くなると思って話を持ちかけたのがきっかけです。
この車、丁度その部分には(ゲートの下部エンドライン)、「高さ25mmで深さ4mm」程折り込まれているので、そこにサクッと
厚手の両面接着シートが納まり、モールの浮き上がりを抑えて、本体にピッタリと馴染む効果が見込まれます。

その加工部分は後でお見せしますが、そのついでに、直した部分はメッキモールを使用したので、元々メッキパーツがポイント
になっている車種故に、ドアにもモールを貼って、サービスでトータルコーディネートして上げる事にしました[るんるん]
DSC_9362.jpg
購入したモールには、内部に接着剤が付いては居るものの、最内側の一点だけでしたので、『手でちぎれない両面テープ』を
使って、接着力を上げてやる事にしました。

上の画像は、その両面テープを使って下ごしらえ中の様子で~す。



その内側。
DSC_9364.jpg
カーブの大きいところは、両面テープを分割貼りします。
でもって、その上更にハサミでカッティングします。
既に分割貼り時点である程度短くカットされているので、ハサミ入れするのは『内側のみ』でOKです。


その上から、長さを実寸よりも少し長めに切って用意してあったドアモールを充てて行きます。
この時、普通の両面テープだと「ちぎれてしまう」ので、手で切れないものが必要になるわけです。
IMG_4908.jpg
アールのきついところや、ドア表面がラウンドしたり段々に成型された面などもあるので、ドライヤーで成型しつつ
挟み込んで行きます。
角部分の裏側は、ドア自体は少し厚みがある為、イメージとしては、もう魯が表側に出るような感じで固定する事で(熱成型しつつ)、
表面側の「浮き上がり」がかなり抑えられます。
この時、それと同時に、今挟み込んだモールの方向へ押し上げるような感じで挟み込む事で、変形部分での「突っ張る感じ」
を減らす事が出来ます。理由は、押し充てに集中して挟み込んで行くだけだと、変形部分に充てた距離が一寸短めになるので、
のりしろが減って浮きが多めになってしまいますので。

エンド部分のアールがきつい事が多いので、それぞれドライヤーで、「内側に多めに曲げる感じ」で炙って上げると、元々そう言う形だったかのようにピッタリと馴染んでくれます。

尚、この車は平成8年式前後の車種なので、ドア上側の肉厚がかなり分厚いタイプ。
余談ですが、現在の車はこの部分も他の部分と同じ肉厚になっています。強度面を犠牲にしてでも軽量化を進めて、
燃費向上を狙っているのが見え見えでさもしさを感じますねぇ…。
安全を燃費と引き替えてしまう製造習慣ってヘンだとは思いませんか?


でもって、その厚みにはモールを挟む事が出来ませんので、モールの内側を、その厚みの分に従い2cmほどカットして、
表面だけがドアに触れる形にしています。そこに別の車両用ウレタン両面接着シート(0.8mm厚)を2cmほど
入れて、
先の両面テープからの浮きを防いでいます。同様に、下側フィニッシュエンド部分にも入れています。
接着が馴染むまで、2日間ほど養生テープで固定しておきました[るんるん]



では、今度はリアハッチの加工です。
ちなみに、ミラクラシックターボの後ろ姿ってぇのはこんな感じです。
IMG_4908b.jpg
画像上に、加工箇所を書き込みしておきました(作業車はこれではありません)。


出来上がりっ[あせあせ(飛び散る汗)](早っ[あせあせ(飛び散る汗)]
IMG_4912.jpg
作業中写真を撮っておかなかったので、モール取り付け時に思い出して、出来上がった状態を撮っておきました。

凹みの都合によっては、右下の『MIRA DAIHATSU』のステッカーを剥がさなければ出来ないかも…と思って塗装の下調べも
していたのですが(色コードから汎用塗料の調査など)、塗装剥離部分が25mmで済んでいたので、さび止めはご近所さんが
済ませてくれていた事もあり、30mmのモールで隠すだけで見えなくなりました[るんるん]
ハッチ角部の凹みを戻しただけなので、少し奥に凹んでいるものの、色が合ってなかった塗装を剥がして仕上げたので、
なかなかのもンでししょ[るんるん]・・・?


アップで。
IMG_4913.jpg
テールランプ側の下にも、モールをデザインカットして「お揃い」に仕上げてみました。
問題箇所だけだと、ドアの下にのみモールが有るので、少しアンバランスに感じましたので。


この車は、これも一昨年の水害でスバルREXが冠水しオシャカになった為、その代車として購入されたのですが、
全て車屋にお任せで手配されたそうで、「変な色の変な車が来たなぁ…」と思ったそうです。でも、四駆ターボで
稀少車両
である事を説明したら、結構喜んでおられました。、

なので、「綺麗にして貰えるンやったら嬉しいよ」と言うことで、殆ど手入れされていない状態での入庫だったそうでなの、
全体的に「サメ肌」だった所を重点的に、可能な限り磨き上げてみました。
IMG_4914.jpg
八幡警察発行の「無事かえる」ステッカー、これはマグネット式なのですが、「Classic」エンブレムの上に貼られてあったので、
ハッチ廻りが賑やかすぎる感じが有り、それを抑える為にバンパーへと移動。両面接着シートで貼り付けています。

あと、この車種シリーズのアクセントでもある、ルーフ前方にあるアンテナが、根元のホルダーでもげているのと、シート切れを
接着した跡が有り、接着剤が服について仕舞うというので、その2点も作業して上げる予定です。
アンテナは、オークションで2,3点出ているし、シートカバーは、以前からウチのワゴンRに欲しいと思って探していたものがあり、
でも、フロントベンチシートには合わないと言う事で断念していたものがD2ケーヨーにあるのを知っていたので(2980円)、
それを買って来て取り付けて上げる事に。

その時には、ウインドコーティングとタイヤワックスを施して、それで全て完成です[手(チョキ)]
ボンネットに、6cm四方の塗装剥げがあるのですが、それも「ダミーエアダクト」で隠そうかと考えています。
そのデザイン案はこちら↓↓
 
 
黒いテープは、前回ワゴンRスティングレーに使ったカーボン柄のカットシート。
持ち主は、どちらかと言えば車に無頓着な人なので、実用面だけ直れば問題無しかも知れないので、問題の有る部分の
作業が全て終わってから、やるかどうかを確認してみたいと思います。


でもって、今回の部品(大小モール)はこちらで購入。
リアハッチの幅広モール(30mm厚):http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l203890766
ドアプロテクトU字モール(7mm厚):http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t352134105

車弄りって楽しい~[るんるん]



追記
やっとライン入れました[るんるん]
http://chinaart.blog.so-net.ne.jp/2014-04-15
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

Cialis prices

沒有醫生的處方
ou acheter du cialis pas cher http://cialisvonline.com/ Tadalafil 5mg
by Cialis prices (2018-04-15 03:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。